鹿毛麻紀子

​Kage Makiko

kage.jpg

幼少より中家正子バレエ研究所にてクラシックバレエを始める。

その後、熊川哲也を育て上げた久光孝生に師事。

2002年に小林恭バレエ団公演「ノートル・ダム・ド・パリ」に出演しジプシー役を務める。以後小林恭に師事。

日本を題材とした小林恭作品「銭無し平次捕物控」「開幕所作舞」「おかめひょっとこ」を始め、「韃靼人の踊り」「カルナヴァル」などに出演した。

ロイヤルアカデミーオブダンス(RAD)の中級・上級資格を最優秀の評価で取得。

​現役ダンサーを続けながら、都内でバレエ教室を主宰し、幼児から成人まで幅広く指導している。